洗車することのメリット

自動車の査定を受ける時には洗車をしたほうが良いといいますが、なぜ車を洗ったほうが良いのかというとそれだけ相手に好印象をあたえることが出来るためです。
綺麗にすると傷が目立ってしまうので、洗わないで持っていったほうがごまかせるのではと考えることもあるかもしれませんが、相手もプロだけにそのような傷はしっかりとチェックをしてきます。

 

 

むしろ、車が汚れていることで逆に傷などを隠しているのではないかという目で見られ、厳しく査定をされることで逆に見逃されるはずだった傷も減額の対象となってしまうということにもなるのです。
また、汚れたままの車は扱いもいい加減だったのではないかという判断をされやすく、状態の良い車でも査定が上がりにくくなってしまうということもあります。

 

 

つまり、自動車を洗ってから持って行っても査定がアップするとは限りませんが、汚れたまま査定に持ち込むと減額されてしまう可能性というのが高くなってしまうのです。
車が汚れていいるからといって減額の対象になるわけではありませんが、減額の引き金になってしまう可能性は十分にあるだけに、暇があるのであれば軽くでも良いので車を洗ってから査定を受けたほうが有利になります。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。