改造車の評価について

改造車というのは一般的に高く売ることは難しいと言われています。車が好きだからこそ色々と手を加えてしまうその気持ちは理解できるのですが、一般人はそもそも改造を行うことはしませんし、改造に一定の理解を示す人であっても自分の車にするのであれば1から自分で改造したいと考えるのが普通です。そのため需要という側面で考えた場合、改造車の評価について好意的に見てくれる人というのはほとんどいないと考えるのが妥当なのです。それでも改造車が売れるのは、値段が安くなる場合に限られます。そのため改造車というのは安くなってしまう傾向にあるのです。

 

 
この様な評価のされ方は中古車市場が需要と供給で成り立つ世界である以上はどうしようもないでしょう。改造車は自分好みに手を加えてきた車であるkと尾を意味しますので、その分だけ需要が少なくなってしまうという皮肉な結果になるのです。買い手があるとすれば、その改造に価値を御見出して高く買うと言う人よりも、改造がしてあっても安いならば購入するというあまり外装や内装に関心を向けていない人である可能性が高いのです。そのため自分でお金をかけて改造をすればするほど車の価値が下がってしまうという問題に向き合うことになるのです。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。