廃車手続きをする場所について

廃車手続きには大きく分けて2つがあり、対象となる自動車を一時的に使用しなくなるものの、再び使用する可能性がある場合には「一時抹消登録」を、スクラップ処分にするなどして永久に使用する可能性がない場合には「永久抹消登録」を、それぞれ選択することになります。

 
いずれの抹消登録を選択するにしても、所有者本人が自力で申請をしようとする場合には、その手続きをする場所は、自動車のナンバープレートを管轄している運輸支局または自動車検査登録事務所、軽自動車の場合は管轄の軽自動車検査協会となります。

 
ただし、「永久抹消登録」については、通常は自動車を解体してから手続きをする必要があるため、まずは解体業者を通すこととなります。この場合、解体業者でこの抹消登録手続きを代行してくれる場合がほとんどです。

 
そのほかにも、運輸支局などの建物の周囲には、抹消登録の手続きを代行してくれる行政書士の事務所などが数多く存在しています。抹消登録の手続きは慣れない人にとっては難しいので、多少の費用がかかってもよいという場合には、運輸支局に直接出向くのではなく、まずは行政書士の事務所に行って、代行してもらうように依頼するという方法もあります。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。