車検の必要性について

お車をお持ちの方であれば、定期的にメンテナンスを行いお車を大切にされることは言うまでもありません。また、お車という乗り物もあくまでも機械となりますので、いつまでも新品というわけにはいかなくて故障したり老朽化してきたりしてしまうのです。

 
そこで、お車には新車であれば3年後、それから年月を重ねるごとに2年おきにお車の検査を受けなければならないことも当然のことなのです。

 
それでは、車検の必要性とは一体何があるのでしょうか?それは、法的に定めらていることはもとより、お車は定期的なメンテナンス部品交換が必要となってくるのです。部品交換は、年月を重ねる度に傷んでくる消耗品などの交換やパーツの交換などで、普段では交換できない場所を念入りに検査することで、お車を安心・安全に乗ってもらえるように検査するのです。お車という乗り物は、機械となりますのでそれだけ大掛かりな検査が必要となるわけなのです。

 
例えば、工場などでも定期修理という時期が用意されていますが、これもお車と同様に大掛かりな検査・修理を行うようになっているのです。

 
ですから、この世の中全ての機械には定期的なメンテナンス・修理・検査という作業は必ず必要となってくる作業となりますので、そういった作業は絶対に怠ってはいけないことと認識して下さい。

 

 

 

 

 

改造車の評価について

改造車というのは一般的に高く売ることは難しいと言われています。車が好きだからこそ色々と手を加えてしまうその気持ちは理解できるのですが、一般人はそもそも改造を行うことはしませんし、改造に一定の理解を示す人であっても自分の車にするのであれば1から自分で改造したいと考えるのが普通です。そのため需要という側面で考えた場合、改造車の評価について好意的に見てくれる人というのはほとんどいないと考えるのが妥当なのです。それでも改造車が売れるのは、値段が安くなる場合に限られます。そのため改造車というのは安くなってしまう傾向にあるのです。

 

 
この様な評価のされ方は中古車市場が需要と供給で成り立つ世界である以上はどうしようもないでしょう。改造車は自分好みに手を加えてきた車であるkと尾を意味しますので、その分だけ需要が少なくなってしまうという皮肉な結果になるのです。買い手があるとすれば、その改造に価値を御見出して高く買うと言う人よりも、改造がしてあっても安いならば購入するというあまり外装や内装に関心を向けていない人である可能性が高いのです。そのため自分でお金をかけて改造をすればするほど車の価値が下がってしまうという問題に向き合うことになるのです。

 

 

 

 

 

洗車することのメリット

自動車の査定を受ける時には洗車をしたほうが良いといいますが、なぜ車を洗ったほうが良いのかというとそれだけ相手に好印象をあたえることが出来るためです。
綺麗にすると傷が目立ってしまうので、洗わないで持っていったほうがごまかせるのではと考えることもあるかもしれませんが、相手もプロだけにそのような傷はしっかりとチェックをしてきます。

 

 

むしろ、車が汚れていることで逆に傷などを隠しているのではないかという目で見られ、厳しく査定をされることで逆に見逃されるはずだった傷も減額の対象となってしまうということにもなるのです。
また、汚れたままの車は扱いもいい加減だったのではないかという判断をされやすく、状態の良い車でも査定が上がりにくくなってしまうということもあります。

 

 

つまり、自動車を洗ってから持って行っても査定がアップするとは限りませんが、汚れたまま査定に持ち込むと減額されてしまう可能性というのが高くなってしまうのです。
車が汚れていいるからといって減額の対象になるわけではありませんが、減額の引き金になってしまう可能性は十分にあるだけに、暇があるのであれば軽くでも良いので車を洗ってから査定を受けたほうが有利になります。

 

 

 

 

 

チェックポイントとは

車を査定に出すときには、インターネットで相場を見ておくとよいでしょう。一つの業者だけにすることや下取りに出すということは、損をする可能性が高いので、おススメできません。なるべく、高く買い取ってもらうためには、査定士の人が見るいくつかのポイントを押さえておくとよいでしょう。

 
まず複数業者に査定をしてもらうには、一括買取査定を申し込むといいでしょう。これはネット上ででき、車種や年式、走行距離、色やオプションなどを入力すると、全国の相場から概算が出てくることもあります。メールや電話で連絡をくれるところもあるので、その結果でさらに現物を見てもらう業者を絞りましょう。

 
現物を見てもらうと、詳細の金額が出てきます。この時、査定士がチェックするところは、その車のきずやへこみ、事故の有無といったボディの状態やエンジンの内部、点検表などを見ることになります。また、内装なども見ますので、洗車をしたり、車内をきれいに掃除しておく方が印象もよく、さらに高い額が提示される可能性もあります。

 

そういった査定をしてもらい、査定額の詳細が出たら、複数で比較をして、どこに売るのがいいのかということを決めるようにするとよいでしょう。

 

 

 

 

 

車売るなら押さえておきたい周辺知識

自分が大切にしてきた愛車を手放すときには、いくつかのポイントを押さえておくといいでしょう。
一昔前では、新たに購入する車が決まったら、その販売店で下取りに出すという方法をとっていたものでした。ですから、今でも年配の人たちはその方法しか考えられず、そのまま下取りが普通だと思っている人もいます。しかし、それでは損をすることもあるのです。ですから、損をしないようにいろいろな知識を身に付けておきたいものです。
下取りに出すよりも、車買取業者に買い取ってもらう方が高く評価してもらえることが多いのです。ですから、買取業者に査定を依頼するといいでしょう。

 

 
最近は、一括買取の査定をお願いできるようになっています。インターネットの専用サイトで必要事項を入力します。その車の年式、車種、走行距離、色、オプションといった情報を入れることで、リアルタイムで概算が出ることもありますし、メールや電話で連絡がきたりします。その中で、特に対応がよかったり、高い価格を提示してくれたところに、現物の査定をしてもらいましょう。
そして、一番高く買い取ってもらえるところに引き取ってもらうとよいでしょう。
車売るなら、買取業者に出しましょう。

 

 

 

 

 

自賠責保険の解約と返戻金

公道を運行する自動車やバイクは法律によって強制的に加入させられることになる自賠責保険ですが、保険の対象となっている自動車を抹消登録したときには、解約返戻金を受け取ることができるようになっています。

 
これは、自動車を一時的に使用しなくなるものの、再び乗る可能性もある「一時抹消登録」の場合も、廃車などによって永久に国内では乗らなくなる「永久抹消登録」の場合も、いずれについても認められています。

 
返戻される金額は、残りの保険期間に応じて、既に払込み済みの保険料を月割計算によって精算した額となりますので、保険の有効期間の残りが1か月以上あることが条件です。

 
この手続きは、抹消登録が完了したあとで、契約している保険会社に対して行います。この手続きに必要なのは、運輸支局で発行される抹消登録証明書のコピー、保険証明書の原本、自動車の所有者の認め印、返戻する先の銀行口座の口座番号がわかる書類などです。通常であれば廃車を請け負ったカーディーラーなどであわせて手続きをしてもらえることが多いと考えられます。

 
この手続きをしておけば、約1週間から10日ほど経ってから、契約していた保険会社により所定の金額が指定口座に振り込まれます。

 

 

 

 

 

自動車リサイクル法とは

「自動車リサイクル法」とは、自動車を廃棄処分にしたときに排出されるシュレッダーダストや、カーエアコンに含まれ地球温暖化の原因物質ともなるフロンガスなどが適切に処理されるようにするため、あらかじめ自動車の所有者からリサイクルのための料金を徴収して、その費用にあてるための仕組みのことです。

 
一部の農耕用車両やけん引車、試作車などの特殊なものを除いて、原則として国内を走行する自動車のすべてがこの法律の適用対象となっています。オートバイについては適用対象外ですが、業界団体によるリサイクルの仕組みが別に整備されています。

 
このリサイクル料金は、自動車の車種や年式、グレードなどによって細かく分けられていますが、最低でも数千円から数万円というのが相場で、いくら必要になるのかは自動車メーカーのホームページなどに掲載されています。

 
このリサイクル料金を支払った際には、証明として「リサイクル券」という書面が交付されます。最終的に廃車などで自動車を廃棄処分するときにはもちろん必要となりますが、現在乗っている自動車を中古車としてディーラーに売り払う場合などにも必要とされますので、交付を受けたときは大切に保管するようにします。

 

 

 

 

 

廃車手続きをする場所について

廃車手続きには大きく分けて2つがあり、対象となる自動車を一時的に使用しなくなるものの、再び使用する可能性がある場合には「一時抹消登録」を、スクラップ処分にするなどして永久に使用する可能性がない場合には「永久抹消登録」を、それぞれ選択することになります。

 
いずれの抹消登録を選択するにしても、所有者本人が自力で申請をしようとする場合には、その手続きをする場所は、自動車のナンバープレートを管轄している運輸支局または自動車検査登録事務所、軽自動車の場合は管轄の軽自動車検査協会となります。

 
ただし、「永久抹消登録」については、通常は自動車を解体してから手続きをする必要があるため、まずは解体業者を通すこととなります。この場合、解体業者でこの抹消登録手続きを代行してくれる場合がほとんどです。

 
そのほかにも、運輸支局などの建物の周囲には、抹消登録の手続きを代行してくれる行政書士の事務所などが数多く存在しています。抹消登録の手続きは慣れない人にとっては難しいので、多少の費用がかかってもよいという場合には、運輸支局に直接出向くのではなく、まずは行政書士の事務所に行って、代行してもらうように依頼するという方法もあります。

 

 

 

 

 

その車廃車ちょっと待った!知らなきゃ損する車の事

かなり古い車を所有しているときには、その車の将来があまり考えられないこともあるでしょう。特に、走行距離もかなり伸びていて、どこに持って行っても大した価値にならないというように思ってしまいがちです。

 
実際、まだまだ動くにも関わらず、10年程度乗ったような10万キロ越えの輸入車などでも、買取査定をしてもらうと、0で出てしまうこともあり、がっかりしてしまうものです。

 
しかし、いくつかの業者に見てもらうと、しっかりと価値が出たりすることもあったりするので、確認をしましょう。廃車に近いような状態であっても、価値が出るのは、その部品を有効活用できるからなのです。ですから、買取業者や下取りで0という結果になっても、タイヤや外回りのパーツなど、まだ使えるものを利用しようとする業者に引き取ってもらうのがいいでしょう。

 
これは知らないでいると、「古いから仕方がない。」というようになってしまい、廃車手続きになって、逆にお金がかかることになってしまうようにもなりかねないのです。ですから、このような豆知識を知っているのと知らないのでは、大きな違いが出てしまうのです。

 
古い車、走行距離が伸びている車、事故に遭って走行不能だけれど、生きているパーツがある車は、それなりに価値が出ることもあることを知っておきましょう。